なにかおもしろいこと

なにかおもしろいこと

なにかおもしろいこと探してます。暗号通貨(ビットコイン)とか、旅行とか

UberEats 配達 3日目 レンタル自転車の使い方

今回は土曜日の朝から夕方まで、7時間で9,864円でした。 


・7時間で15件配達、報酬は9,864円

前回と同じくらいのオンライン時間ですが、配達の件数が多くてその分報酬も多くなりました。
細かくはこんな感じです。

土曜日 09:30〜16:30
オンライン時間 6h53m
新宿~高田馬場あたり
報酬9,864円

内訳(リクエスト受けてから配達完了までかかった時間、お店から配達先までの距離、報酬)
1, 2件目 45分 8.72km 1,457円 ブースト1.1倍 ダブルピック
3件目 26分 2.38km 619円 ブースト1.1倍
4件目 20分 2.38km 382円
5件目 22分 3.01km 782円 ブースト1.2倍
6件目 37分 2.93km 771円 ブースト1.2倍
7件目 31分 1.21km 488円 ブースト1.1倍
クエスト4件配達 500円
8件目 17分 1.16km 482円 ブースト1.1倍
9件目 12分 1.13km 478円 ブースト1.1倍
10件目 10分 1.03km 468円 ブースト1.1倍
11件目 17分 1.30km 432円
12件目 27分 1.42km 443円
クエスト8件配達 1,000円
13件目 16分 1.58km 454円
14件目 25分 1.26km 427円
15件目 47分 3.86km 681円

 
ブーストは通常の報酬が1.x倍になるボーナス
クエストは、指定の時間帯に指定の件数を配達するともらえるボーナス
ダブルピックは一つのお店で2件分の商品をうけとって配達することです。

 
7時間で15件配達、報酬は9,864円でした。今回もUber から借りてるバッグのデポジットで2,000円引かれました。いつものように交通費と自転車のレンタル料を引いて、今回は銭湯に入って帰ったのでこれも含めると実質5,000円くらいでしょうか。


この日は新宿からスタート。配達するうちにだんだん移動して、中野まで行ってしまいました。新宿方面に戻りながら電池残量が少なかった自転車を交換しました。
その後は新宿〜高田馬場辺りで配達。

この日の配達の1/3くらいは同じ店のリクエストでした。ここのリクエストは自分が独占していたんじゃないかというくらいでしたw
同じ店の依頼が来ると、場所がわかってるから効率がよかったです。同じエリアでやって店の場所を覚えるのがいいかも。

この日は結構遠くの店のリクエストも来きました。自分は拒否せずに全部受け付けてますが、やっぱりちょっと損した気分になりますね

あと、配達先のお客さんからアイスもらったんですが、食べる暇がなくバッグの保冷剤がわりになって、最後は溶けてしまいました…

この日は16:30くらいに終了。

暑くてかなり汗をかいたので銭湯に入ってから帰宅。銭湯の居心地が良すぎて2時間くらいダラダラしてしまいました。
UberEats配達からの銭湯は癖になりそうですwf:id:buenviaje:20180805211101j:image

 
UberEats の配達やってみようかなという方は是非下の紹介コードを使って登録して下さい。
東京だと8月中に初めての配達を完了するだけで非紹介者さんが5,000円もらえるそうです。

https://www.uber.com/signup/drive/deliver/?invite_code=ho9i3

 


●レンタル自転車の使い方

ドコモバイクシェアで借りれる電動自転車の使い方を紹介します。

別に難しくないです。というか普通にみんな知ってることなのかも知れませんが、自分は知らなくて配達時に少し焦ったので、そのポイントを紹介します。

特に初めての配達で緊張している時に、初めてレンタル自転車を使うとなるとミスしやすくなると思うので、ある程度使い方を確認しておくのをおススメします。

自転車の種類がいくつかあるので、微妙に違う部分があるかもしれません。

 

 

・ポート(自転車置き場)から自転車を借りる

アプリから解錠コードを発行してもらう方法と登録しておいたICカードを使う方法があります。

 


・カギのかけ方

返却時以外でも好きな場所で自転車のカギをかけることができます。(逆にカギをかけただけでは返却したことにならないので、返却時には注意して下さい)

普通の自転車と同じで後輪部分に輪っか状の鍵があって、レバーを下げるだけです。

ただ、このレバーにストッパーがついてるタイプの自転車があって、その場合はオレンジの部分を押しながらでないとレバーが下がりません。

自分はこれが分からず、しばらく鍵をかけないで自転車を置いてました…

 

f:id:buenviaje:20180804083036j:plain



・カギの開け方

ポートで解錠した方法と同じです。

 


・電源入れる

ハンドル左にある電源ボタンを押すと電動アシストが動作します。これも常識かも知れませんが、電動アシスト付きの自転車に乗ったことがなかったので、最初は電動アシストなしで乗ってました…

ライトも同じようにボタンでオンオフできます。

UberEats 配達2日目 - 6時間半で6,346円

今回は、土曜日の昼過ぎから夜まで6時間半で報酬6,346円でした。場所は新宿周辺です。 初日は2時間半と短い時間だったので、今回はもう少し長めにやりました。

・6時間半で11件配達、報酬は6,346円

1.1倍のブーストがついた配達が5件、クエスト達成で400円のボーナス、あとダブルピックが1回あって前回より効率的に稼げました。

ブーストは通常の報酬が1.x倍になるボーナス
クエストは、指定の時間帯に指定の件数を配達するともらえるボーナス
ダブルピックは一つのお店で2件分の商品をうけとって配達することです。

詳しくはこんな感じです
土曜日 15:00〜21:30
オンライン時間 6h36m
新宿周辺
報酬6,346円
内訳(リクエスト受けてから配達完了までかかった時間、お店から配達先までの距離、報酬、その他)

1件目 22分 1.17km 483円 ブースト1.1倍
2件目 25分 1.17km 483円 ブースト1.1倍
3件目 34分 3.12km 609円
4件目 39分 2.78km 576円
5件目 18分 0.87km 390円
6件目 35分 1.34km 436円
7件目 28分 2.64km 648円 ブースト1.1倍
8件目 25分 2.48km 631円 ブースト1.1倍
9件目 14分 0.89km 451円 ブースト1.1倍
10,11件目 28分 8.47km 1,239円 ダブルピック
クエスト 4件配達 400円

6時間半で11件配達して報酬は6,346円でした。ただし今回はUber から借りているバッグのデポジット分の2,000円が引かれて、4,346円の振込になりました。
交通費と自転車のレンタル料を考えると実質2,000円くらいの収入です。ただ、配達先の正確な場所がわからなくて電話を2回使ったんですが、この電話代も自分持ちなので正確にはもうちょっと少ないはずです。

今回はオンラインにしてから5分くらいでリクエストが来ました。その後は基本的に配達後すぐに次のリクエストが来ましたが、途中計2時間くらいリクエストが来ない時間帯がありました。この間は、少し移動してみたり、休憩したり、いまいち有効な使い方が分からず…
最後の配達は途中で自転車の電池切れてかなりきつかったです

・ドコモbike share(レンタル自転車)に会員証(ICカード)登録しておくと楽

自分はドコモのbike share というサービスを使っていますが、ICカードを登録しておくと便利なのでオススメです。

一度ICカードを登録すると、次回から事前に予約しなくても自転車についてる機械にSuicaをかざすだけで自転車が借りられます。
なので、ポート(駐輪場)まで行って良さそうな自転車を見つけたら、Startボタンを押してSuicaを探すだけで乗れます。

ただし、サイフに入れたままだと反応してくれないので、毎回サイフからSuicaを取り出してかざしています。自分のサイフが問題なのか、結構面倒です。

やり方は、会員登録時に「会員証登録」で「登録する」を選んで、メールで届いた登録方法に従ってICカードを登録します。自転車の操作パネルにパスコードを入力してICカードをかざすだけです。

f:id:buenviaje:20180804081901j:plain

暗号通貨のスラング(英語圏)

英語圏の暗号通貨界隈で使われるスラングを集めました。
日本語コミュニティで使われている用語もあるので、意味が分からなかった言葉がないか調べてみてください

 

●AIRDROP(エアードロップ)

コイン/トークンが無料で配布されること。早期にできるだけ多くの人にコイン/トークンを持たせることを目的として行われる。


●ATH

All Time High(オールタイムハイ)の頭文字
価格がこれまでの最高値になること

 

●BAG HOLDER

高値で買い取って、売る機会を逃したトレーダーを指す言葉。


●BEAR(ベア)

ウォールストリート用語集:これから価格が落ちると考えているトレーダー


●BULL(ブル)

これから価格が上がると考えているトレーダー


●DOLPHIN

MINNOWを卒業し、暗号違反の価格運動にいくらかの影響を及ぼしているが、まだWHALEの地位に達していない人。

 

●DYOR

Do Your Own Researchの頭文字。「自分で調べて自分で結論をだせ」という意味


●FIAT(フィアット)

世界の政府および中央銀行によって発行された中央通貨のこと


●FOMO

Fear Of Missing Outの頭文字。暗号通貨の価格が高騰する可能性を逃してしまうかもしれないという恐怖


●FUD

Fear(恐れ), Uncertainty(不確実性), Doubt(疑い)。 暗号通貨の価格を下げるような否定的なニュース。本当のニュースも嘘のニュースも含む


●HODL(ホドル)

HOLDの意味。BitCointalkフォーラムに書き込まれたのタイプミスが広まった。
HOLDは購入したコインを売らずに保持すること。HOLDする人のことをHODLERと言います。


●MINNOW

雑魚


●NOOBS

カモのこと


●PUMP and DUMP

価格が急上昇した後、大きく下落すること。


●REKT

altcoinsの価格がクラッシュして、口座の金額がほとんどゼロになること。
オンラインゲームのスラング

 

●SCAM / SCAMMER(スキャムスキャム / スキャマー)

詐欺 / 詐欺師のこと


●SHILL

通常はスキャマーを助長する人のこと。暗号通貨においてはアルトコインについて何か良いことを書く人のこと


●SHITCOIN(シットコイン)

価値がないaltcoin。価値はないがmoonすることはある


●TO THE MOON / MOONING

短期間での暗号通貨(通常100%を超える)の値の急激な増加。


●TROLLBOX

取引所の掲示板


●WEAK HANDS

辛抱強くなれず、価格が下がって損失が出たときに打ってしまう人


●WHALE

かなりの資本を持っている巨大なプレーヤー。出来高が小さいアルトコインの価格を大きく動かすことができる
カジノで使われる言葉

UberEats配達初日 楽しいけど稼ぐのは大変そう

UberEats配達の仕事をやってみました。初日の2時間半くらいでどれくらい稼げたかなど書きます。
ちょっとやってみたい、どれくらい稼げるのか気になるという人は読んでみてください。

 

自分がやろうと思った動機は、
 普段運動しないけど運動したい。UberEatsだったらジョギングより楽しそう
 運動しながらお金も稼げたらめっちゃいいなー
という感じです。

 

準備や登録はここを参考にしました

Uber Eats のお仕事 | noshift.work

自転車はドコモのレンタサイクル、bike shareを利用しました。
自転車のレンタルについても上のリンクが参考になります。

 

2時間半で4件配達、報酬は1938円

報酬について簡単に説明すると、店から配達先までの距離で決まります。待機していた時間や、店までの移動距離は含まれません。
時間帯やこなした回数によってボーナスもありますが、今回は初日だからか適用されませんでした。

 

結果は日曜日夕方から2時間半くらいやって稼ぎは1938円でした。
もうちょっと詳しく書くとこんな感じです。
日曜日 18:30〜21:00
オンライン時間 2h26m
恵比寿周辺
報酬 1938円
内訳(リクエスト受けてから配達完了までの時間、お店から配達先までの距離、報酬)
1件目 43分 2.40km 539円
2件目 21分 1.66km 467円
3件目 19分 1.37km 438円
4件目 33分 1.95km 495円

 

4つの報酬を合わせて1939円です(アプリに表示されていた1938円と1円合わないけど笑)
自分の場合、自転車のレンタル料、交通費考えたら実質の稼ぎは500円くらい、ジュースやパンを買ったらほぼ0になります笑

 

最初にオンライン(リクエストが来る状態)にしてから30分ほど経って、初めての配達のリクエストが来ました。その後は、配達後すぐに次のリクエストがくる感じでした。
なので、実質動いた時間は2時間くらいです。

 

配達の流れは

  1. アプリをオンラインにする
  2. アプリにリクエストが来る
  3. リクエストを受け付けてお店に向かう
  4. お店で商品を受取る
  5. 配達先に向かう 
  6. お客さんに商品をわたす

文字にすると意外とやること多そうですが、ちょうどいい難易度というか、やってみるとゲーム感覚で楽しいです。

 

楽しいけど稼ぐのは大変そう

配達自体はゲーム感覚で楽しいです。また早く次やりたいと思ってます。
お金については、自転車のレンタル料や交通費が地味に効いてきます。なので稼ぐには1日がっつり、長期的に続けないと難しそうです。UberEatsのサービスエリア内に住んでいて、自転車を持ってるひとは有利ですね。
あとは、支給されるバッグがでかいです。家でも場所とるし、電車でも混んでると辛いです。

 

という感じでした。
またやりたいので、気が向いたらまた投稿したいと思います。

 

 

ビットコイン(暗号通貨)ざっくり用語集

ビットコインの記事を読むときに、知らない単語がでてきて調べて、その解説を理解するために別の単語をまた調べて…とやっていると、もともとなんの記事を読んでいたのかわからなくなることないでしょうか?


ビットコイン(暗号通貨)関係のざっくりした説明付きの用語集を作りました。

ざっくりの説明なので、正確ではない部分もあります。(作った人間の理解度の問題もありますが…)

正確な解説は調べなおして下さいw

 

 

⚫︎サトシナカモト 

ビットコインを考えた人、作った人

これまでにサトシナカモトの正体だと報道された人や、自らサトシナカモトを名乗る人が現れたが、今のところ正体不明

 

⚫︎トランザクション

AさんからBさんに1BTC送る、というようなビットコインの取引データ

 

⚫︎ブロック

複数のトランザクションをまとめたデータのかたまり

ブロックチェーンに追加されるデータの単位

 

⚫︎ブロックチェーン

これまでのビットコインの取引が記録されたデータのかたまり

ブロックをつなげた構造

およそ10分ごとにブロックがひとつ追加される

ビットコイン以外のブロックチェーンを指す場合もある

 

⚫︎ブロックサイズ

ひとつのブロックに入れることができる取引データの合計サイズ

ブロックサイズが大きいと、一度に承認可能なトランザクションの数も多くなる

ビットコインは1MB、ビットコインキャッシュは8MB。それぞれのブロックサイズは今後変更される可能性がある

 

⚫︎ジェネシスブロック

ブロックチェーンの最初のブロック

 

⚫︎マイニング、採掘

ビットコインブロックチェーンへブロックを追加するために計算を行うこと

マイニングの競争に勝つと、ブロックを追加する権利とビットコインによる報酬がもらえる

 

⚫︎マイナー

マイニングする人、企業

 

⚫︎ディフィカルティ

マイニングの難しさ

ブロックが追加される間隔がおよそ10分になるように調整される

およそ2週間(2,016ブロック)毎に調整が行われる

 

⚫︎nonce、ナンス

マイナーはこの数字を変えて計算を行い、ディフィカルティの条件を満たすナンスを探す

 

⚫︎PoW(Proof of Work)、仕事の証明

マイニングの方式のひとつ

ビットコインの場合は、仕事の証明(たくさんの計算をしたことの証明)を行ったマイナーがブロックを追加する(マイニング報酬を得る)

ディフィカルティの条件を満たすナンスをみつけることが、仕事の証明となる

PoWの他にPoS(Proof of Stake )などがある

 

⚫︎コンファーム、確認、承認

トランザクションがブロックチェーンに追加されること

そのトランザクションが含まれるブロックとその後ろに追加されたブロックの数をもとに、「3コンファーム」のようにも表現される

 

⚫︎マイニングプール

マイナーが協力してマイニングを行い、報酬を分ける仕組み

 

⚫︎半減期

マイニング報酬が半減する期間、タイミング

およそ4年(210,000ブロック)

最初のマイニング報酬は50BTC

 

⚫︎ウォレット

秘密鍵の管理やトランザクションを作成するためのプログラム

ホットウォレット、コールドウォレットに分類され、さらにウェブウォレット、ハードウェアウォレットなどに分類される

 

⚫︎HDウォレット

ひとつの秘密鍵で複数のビットコインアドレスを管理できるウォレット

 

⚫︎フルノード

ジェネシスブロックから現在までの全てのブロックチェーンデータをもつビットコインクライアント

 

⚫︎SPV(Simplified payment verification)

フルノードではないノードが、他のフルノードからトランザクションの情報を受け取り検証すること

スマホのウォレットアプリなど、大きな記憶容量を持たない場合に行われる

 

⚫︎Mt. GOX

ビットコイン取引所

ハッキングによりおよそ630,000BTCを失い、2014年に倒産した

 

⚫︎GOX

ビットコイン取引所やユーザーがハッキングやソフトのバグなどの原因でビットコインを失うこと

 

⚫︎セルフGOX

秘密鍵をなくすなど、自分が原因でビットコインを失うこと

 

⚫︎アルトコイン、オルトコイン、ALT

Alternate coinの略。

ビットコイン以外の暗号通貨

 

⚫︎アドレス

ビットコインを送金するときに指定する文字列

 

⚫︎秘密鍵

ビットコインを送金するために必要なカギ

 

⚫︎復元フレーズ

ビットコインの秘密鍵を復元するための単語の組合せ

12個の場合と24個の場合がある

 

⚫︎BIP(Bitcoin improvement proposal)

ビットコインの課題解決や改善を目的とした提案

提案ごとにBIP32のような番号が振られる

 

⚫︎トランザクション展性、トランザクションマリアビリティ(Transaction Malleability)

第三者によってトランザクションIDの変更ができてしまう問題

重大な問題ではないが、ビットコインサービスを提供するする際にこの問題をついた攻撃を考慮する必要があったり、ライトニングネットワークの実装への影響があった

BTCではSegwitにより解決済み

 

⚫︎スケーラビリティ問題

ビットコインを送金する需要が増えると、送金が承認されるまでに時間がかかってしまう問題

この状況で早く送金するには、マイナーに送金手数料を多く払う必要がある

 

⚫︎SegWit 

スケーラビリティ問題、トランザクション展性の解決方法として提案された(BIP141)

Segregated Witnesses の略

 

⚫︎ビットコインATM、BTM

ビットコインと法定通貨の両替を行うための機械

法定通貨をビットコインに替える機能のみのものと、ビットコインを法定通貨に替える機能も持つものがある

 

⚫︎クラウドマイニング

マイニング施設に資金を提供し、代わりに資金に応じたマイニング報酬が分配される

契約者は設備を持たずに報酬を得ることができる

 

⚫︎ハッシュパワー、ハッシュレート

マイニングを行うための処理速度

H/s(Hash / second、1秒間に何回ハッシュ計算ができるか)で表す

 

⚫︎ビットコイナー

ビットコイン好きな人

 

⚫︎generation トランザクション

マイニング報酬と送金手数料を送るトランザクション

 

⚫︎フィジカルビットコイン

ビットコインの秘密鍵が印刷された物理的なコイン

秘密鍵を読み込めば、その秘密鍵が持つビットコインを使うことができる

 


 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

暗号通貨(ビットコイン、アルトコイン)の稼ぎ方

暗号通貨を使って日本円を増やす方法ではなく、暗号通貨を稼ぐ方法です。

暗号通貨の稼ぎ方といっても、日本円を稼ぐのと同じで無限に方法があると思います。暗号通貨系のサービスがいくつもリリースされているので、それらを利用して簡単に始められそうな方法を探しました。

 

文章で稼ぐ

  • Monappy

対応通貨 モナコイン

Monappyにはいろいろなサービスがありますが、その一つとして売りたい人と買いたい人をマッチングする為の場を提供してくれています。なので、そこで小説などのテキストデータを売ることができます。
実際のデータのやりとりは自分で方法を考える必要がありますが、この方法さえ考えればテキストデータに限らずなんでも売ることができるみたいです。絵や音楽データを売ったり、代行の仕事を請け負いますという人もいます。
他にはブログの投稿や、掲示板に文章やコメントを投稿すると、投げ銭をもらえることもあるようです。
https://monappy.jp

 

  • Steemit

対応通貨 STEEM

ブログプラットフォームです。記事の投稿や、他の人の記事への投票などで報酬がもらえます。
報酬は正確にはSTEEM Power(SP)とSTEEM Doller (SBD)というトークンで支払われます。SPを多く持っているとプラットフォーム上での影響力が大きくなる仕組みや、投稿から7日間経過すると記事の編集ができない制限などあるので、この辺は先に調べておいた方がいいかもしれません。
https://steemit.com

 

  • Yours

対応通貨 ビットコインキャッシュ

noteみたいに文章を販売できるサービスです。無料で公開したり、「ここから先は有料」を設定することも可能です。投げ銭機能もあります。
記事投稿以外にも、人気記事に対して早いタイミングで投げ銭することにより、報酬を手に入れる方法もあります。
英語記事が多く、日本語だとあまり読まれないかもしれません。
https://www.yours.org

 

  • ブログ

対応通貨 ビットコイン アルトコイン

ブログをやっている人なら、ブログにアドレスを載せておくだけで、記事を読んだ人から寄付や投げ銭がもらえるかもしれません。
IndieSquare wallet と連携した寄付ボタンを埋め込むという方法もあります。自分が発行したカウンターパーティートークンをお礼として簡単に送付することができます。こちらはビットコインのみ対応してます。
ビットコインのトランザクションの混み具合によっては寄付してもらった額以上の送金手数料を使ってお礼のトークンを送ることになってしまうのが難点です。

 


絵、画像で稼ぐ

  • Monappy

対応通貨 モナコイン

すでに説明したとおり、取引の方法さえ考えればMonappy 上で何でも売ったりできるので、絵を描いてモナコインを稼ぐことも可能です。イラストやマンガの電子データを販売したり、アイコン作成などのサービスを提供している人もいます。
他には、イラスト、マンガ、写真を投稿した人に投げ銭が送られる場合もあるようです。

 

音楽で稼ぐ

  • Monappy 

対応通貨 モナコイン

すでに説明したとおり、音楽データの販売も可能です。

 

  • tipmusic

対応通貨 モナコイン ビットゼニー xem リップル

音楽投稿サイトです。Soundcloud上の自分の曲を投稿することができ、曲を聞いた人はtwitter アカウントに簡単に投げ銭が出来ます。
http://retoruto.php.xdomain.jp

 

物販で稼ぐ

  • Monappy

対応通貨 モナコイン

すでに説明したとおりです。

 

  • nemche

対応通貨 xem

xemで売買を行うオンラインフリーマーケットです。やり取りの手順はメルカリみたいな感じです。
出品者は売上げをxemで受け取れます。
https://www.nemche.com

 

その他で稼ぐ

  • Monappy

対応通貨 モナコイン

すでに説明したとおり、代行サービスなどを提供している人もいます。

 

  • マイニング

対応通貨 いろいろ

ビットコインは難しそうですが、アルトコインならGPUやCPUでマイニングできるものもあります。Nicehashなどのソフトを使うとマイニングプールする通貨を自動で選択して、効率的にマイニングしてくれます。

 


暗号通貨を受け付ける店や使う人が増えてきましたが、もし暗号通貨を稼ぐことができれば日本円を使う機会も減ると思います。

もしかしたら日本円を使わずに暗号通貨だけで生活してます、という人もこれからでてくるかも知れません。

 

紹介した中にはサービス提供者への信頼が必要なものもあるので、せっかく稼いだ暗号通貨がGOXしてしまう可能性があることに注意しておいた方がいいかもしれません。

 

 

本ブログでは、ビットコインによる寄付を受け付けています。
寄付していただいたかたにはお礼として、Counter PartyトークンのJAGAトークンをお返しします。

Donate with IndieSquare

2017クリプト川柳の落選作品に選ばれたw

昨年末にbitpress(ビットプレス)で募集していたクリプト川柳ですが、自分も応募しました。

 

bitpress.jp

 

残念ながら入賞しませんでしたが、ビットコイナー反省会チャンネルではちょろっと紹介されました!

本当にちょろっとでしたが笑

youtu.be

せっかくなので、自分のブログでも紹介します

 

ペンネーム:本気でヤバイ
作品1  :
フィアットねぇ 納税できねぇ 日本死ねw
作品2  :
変なTシャツにしかお金を使わないビットコイナーのせいだと思います。自己責任なのはわかってますが、責任とって下さい


2017クリプト川柳落選作品紹介では、作品1 だけ紹介されました。自分的には作品1と作品2合わせて1つの作品というイメージです。
作品に込めた思いを解説します笑

 

フィアットねぇ

資産の大部分を暗号通貨に変えてしまっていて、フィアット全然持ってねぇよという状況。
実際ツイッターで「資産の90%が暗号通貨」とか、「フィアットが全然残ってない」というツイートをときどき見かけました。自分のことではありません
法定通貨をフィアットというあたりも暗号通貨的です。

 

納税できねぇ

フィアットへの利確はしてないものの、ビットコインを増やす目的でやっていたアルトコイントレードで税金が発生。納税額が手持ちのフィアットを超えてしまって納税できない状態。だからといって、暗号通貨をフィアットには替えたくないという気持ちが表れています。
自分のことではありません。
さらに、ビットコイン建で損してるのに税金が発生するとか意味がわからないという怒りも込められています。
自分は別に怒ってません

 

日本死ねw

ファッキンガバメント。ビットコインと相性の良いリバタリアン、アナーキスト的発言。
ちょっと前に話題になったブログから借用しています。
微妙に古いネタを使うあたりは、暗号通貨界のニュースを追うのに必死で世間の時事ネタについて行けてないことを暗に示しています。
さすがに言葉が強すぎるのでwをつけて少しマイルドにしてみました。見た目的に前の2つと統一感がでていい感じになりました笑
自分は日本死ねとか思ってません

 

作品2

「税金の計算方法がこうなったのは、変なTシャツにしかお金を使わないビットコイナーのせいだ」ということを作者お気に入りのパワーワードとともに訴えています。
特定の審査員に因縁をつけて作品1をアピールするやり方は正直かなりセコイですが、スキャムやハードフォーク乱発など何でもありの暗号通貨界では特に問題ないかと思います。
むしろ賞をもらうためという経済合理性に沿った行動はビットコイン的には特に非難されるものではないでしょう。

 

ペンネーム

ちょっとでも拾ってもらおうと、ペンネームにも必死感をだしました笑
自分は別にヤバくないです


以上です

ビットコイナー反省会ではかなりたくさんの作品が紹介されていて、うまいやつとか、ブラックなやつとか、意味不明なものとか、東さんのコメント含めてどれもおもしろかったです。

勝手に紹介していいのか分かりませんが、自分がおもしろいと思ったやつを一部紹介します

 

シットだよ
全員集合
Yobit
作者 まんかいさん

 

あげぬなら
煽ってみせよう
草コイン
作者 ?

 

技術より
詐欺師や価格
丸の内
作者 タヌ尾芭蕉さん
東さんのコメント「ダイイングメッセージ笑」
さみしいですね、自分が見てるタイムラインからワロス要素が7割くらい減りました…

 

むげんとし
ビットコインの
骨密度
作者 くもがくれさん
意味が分からなすぎて笑ってしまいました。どういう意味なんでしょうか